スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


空を流れる黄河があった(産経新聞)

【ソロモンの頭巾】

 黄砂が気になる。昨年10月と12月には、秋の黄砂が観測された。11月に日本へ飛んでくることはあるのだが、10月と12月の黄砂は、それぞれ17年、16年ぶりのことである。黄砂の大型化の前触れだろうか。

 その予兆に違(たが)わず、今春の黄砂は大規模らしい。北京では「十年最強」、ソウルでは「史上最悪」と報じられている。

 春分の日の3月21日には、北海道から沖縄にまで飛来した。広がり方としては、この10年で最大の規模だ。春の甲子園も黄砂の入場行進となった。

 ソウル支局に尋ねると、発生時には市街の景色が暗くなることがあるという。マスクが欠かせず、政府は呼吸器系への健康被害の注意を呼び掛ける。

 北京の中国総局で黄砂を体験してきた記者の話ではもっとすごい。中国では黄砂を含んだ強風で鉄塔が倒壊することもあるし、家畜も倒れる。息ができなくて死んでしまうのだ。

 黄砂の故郷は、中国奥地のゴビ砂漠や黄土高原などだ。春の低気圧に巻き上げられた土砂が偏西風に乗って韓国、日本にやってくる。

 黄砂は昔からあった。「春(はる)霞(がすみ)」も黄砂だといわれる。嘉禄2年2月17日(1226年3月23日)の「吾妻鏡(あづまかがみ)」の記録は、規模が大きくなった珍しい例だ。「風少し吹く。四方暗くして霧霞のごとし。午刻(正午)より晩景に及ぶ」

 現代ではこの規模がまれでなくなった。2005年にソウルで開催された日中韓の環境相会合での共同声明には黄砂も加わった。2000年ごろから被害が目立ち始めたためである。

 過放牧や過耕作によって土地の荒廃が進んだことが原因とされている。一説にはカシミヤ用のヤギの放牧増加が引き金となったともいわれている。

 日本への飛来には年変動があるものの、全体の傾向として黄砂は増えている。

 過去40年間の年別黄砂観測日数の棒グラフを眺めると1980年代半ばから立ち上がり始める大きな山が見てとれる。2000年ごろはそのピークだ。

 その規模は、中国奥地の荒れ地を覆う草や雪の量に左右されるし、偏西風に乗った黄砂の本流のルートによっても変わる。

 砂漠化、乾燥化も黄砂の増大に関係する。あの黄河が干上がるほどの水量減少も起きている。黄河断流だ。近年の黄砂は黄河に代わって大気中を流れる「空の黄河」なのかもしれない。多い年だと1億トンもの土砂が空に舞い上がる。

 国連の気候変動政府間パネル(IPCC)も気候変動と黄砂の関係に注目し始めた。

 日本では呼吸器障害や花粉症への悪影響が心配されるようになっているのだが、黄砂にはプラスの面もあるという。

 北太平洋に落ちた黄砂のミネラル分は、植物プランクトンの養分になるし、日本列島では酸性雨の中和効果ももたらす。だが、それも程度問題だ。大規模黄砂では、有用面もかすむ。(長辻象平)

【関連記事】
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
黄砂で方位不明の船を救助 11管、沖縄本島沖で
北京で再び黄砂を観測
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
中国北部で今年最大の黄砂
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)
【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会(医療介護CBニュース)
西川体制、企業統治に問題=「拙速」を指摘−郵政調査委(時事通信)
<仙谷担当相>首相官邸内に執務室 首相との面会頻繁で(毎日新聞)

谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)

 29日午前1時45分ごろ、大阪市阿倍野区の市営地下鉄谷町線(大日−八尾南)の阿倍野−文の里駅間で、作業車が誤って電気ケーブルを損傷。阿倍野−八尾南間のポイント転換や信号の制御などができなくなった。この影響で谷町九丁目−八尾南間が、午前9時すぎに復旧するまで始発から4時間あまり不通となった。

 大阪市交通局によると、29日未明の終電後、保守作業車が撤去するレールをクレーンで吊っていたところ、クレーンの先端が天井の信号通信関係のケーブルに接触し、7本が損傷した。このため、谷町線は始発から大日−谷町九丁目間で折り返し運転をしていたが、午前9時10分に全線の運行を始めた。

 このトラブルで上下106本が運休し15万2千人に影響した。

 市営地下鉄では15日に長堀鶴見緑地線で、自動列車制御装置(ATC)を解除した電車が走行を続け、ホーム内の代替車両の約70メートル手前で急停止するトラブルがあったばかり。

【関連記事】
東京メトロ丸ノ内線、一時運転見合わせ
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
阪神間のJR3区間で停電、一時運転見合わせ
長野新幹線、雪の影響で一時運転見合わせ

乳児揺さぶり殺害、孤立した育児「ひとごととは」(読売新聞)
<気象庁>4月の気温は高め 3カ月予報(毎日新聞)
<山岳遭難>宝剣岳斜面に人の姿、神奈川の男性か 長野県警(毎日新聞)
2人目擁立、小沢氏の「党本部主導」に地元反発(読売新聞)
未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航(医療介護CBニュース)

郵政グループ株式「もちろん公開」亀井氏(読売新聞)

 亀井郵政改革相は27日、大阪市で記者団に対し、日本郵政グループの株式について「もちろん公開する。ちゃんと値が付くような事業体にしてからだ」と述べ、ゆうちょ銀行の預入限度額引き上げなどで収益性を高めた上で、将来は株式を上場させる意向を示した。

 24日に発表した郵政改革法案の最終案では、親会社に対する政府の出資比率と、親会社の金融2社への出資比率はいずれも3分の1超となっており、残りの株を売却する考えだ。

 郵政改革法案の最終案に閣内から異論が出ていることについては、「鳩山首相も了解して関係閣僚で決めたことだ」とし、見直す考えがないことを改めて強調した。現在は大半が国債に振り向けられている金融2社の資金運用に関しては「硬直した運用はやるべきではない」と述べ、30日の閣僚懇談会などで幅広く意見を聞く考えを示した。

<鳩山首相>水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」(毎日新聞)
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近(産経新聞)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
水俣病 和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)

自民府議団3人離脱 分裂3度目 橋下知事に賛同(産経新聞)

 大阪府議会の最大会派、自民党府議団に所属する府議3人が、府議団を離脱したことが25日、分かった。3人は24日の府議会本会議の大阪(伊丹)空港廃港決議の採決で、橋下徹知事に近い会派が提案した決議案に賛成した。府と大阪市の再編構想にも賛同しており“親橋下”の立場で活動する。自民は昨年から集団離脱が相次いでおり、今回で3回目。3人離脱後も最大会派は維持できるが、一時は49人いた議員は35人まで減少する。

 3人は西野弘一議員(東大阪市選出)、西野修平議員(河内長野市選出)、西田薫議員(守口市選出)。西田議員は「橋下知事のいる今こそ府市再編ができる最大のチャンス。自民では意見がまとまらない可能性があるので、同じ考えを持つ議員たちであえて離脱した」と説明した。

 今後の活動については「志が同じ議員と一緒にやりたい」としており、4月に発足する「橋下新党」との連携にも含みを残した。

 条例などの提案ができる府議会会派結成には少なくとも5人が必要だが、当面は3人で活動する見通し。

 自民会派はこれまで橋下知事の主張する大阪ワールドトレードセンタービルディング(大阪市住之江区、WTC)への庁舎移転の対応をめぐり、2度にわたり議員が離脱。

 このメンバーに加え、民主会派などを離脱した議員らを含め、14人の府議が4月1日に新会派「大阪維新の会」を発足させる予定となっている。

コスト負担論議、難航も=再生エネ買い取り制度導入で(時事通信)
衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員)(産経新聞)
読者モデル募るぜ!! メンズナックルとニコ動、審査生放送へ(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 京都・平等院を訪問 (毎日新聞)
会社の寮など全半焼、3人死傷…埼玉(読売新聞)

<国交省>リフォームに瑕疵保険新設へ 悪質な被害防止(毎日新聞)

 国土交通省は19日、住宅リフォームに瑕疵(かし)保険を新設するなど、リフォームを巡る消費者トラブル防止策を4月から開始すると発表した。省エネ対応の住宅新築や改修をすると商品などと交換できる「住宅版エコポイント」の申請が8日に始まり、悪質リフォームによる被害の増大を防ぐ。

 瑕疵保険は、リフォームの際に業者を通じて申し込むと、工事後に保険会社が建築士を派遣して工事を確認し保険証書を交付。欠陥が出た場合、修理費を保険で賄える。業者が倒産しても修理の保険金を受け取れる。昨秋施行の住宅瑕疵担保履行法で国交相から指定された住宅専門の6保険会社が引き受ける。

 4月からは、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが業者の見積もりが適切かの無料相談を、日本弁護士連合会が全国の各弁護士会で全般の無料相談を、それぞれ受け付ける。同センターによると、悪質リフォームが社会問題化した05年度以後もリフォームのトラブル相談が年2000件超あるという。【石原聖】

【関連ニュース】
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
スカイマーク:国交省、特別安全監査始める
スカイマーク:機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意
八ッ場ダム:上流の堆積物に高濃度ヒ素 国交省、公表せず
スカイマーク:国交省が立ち入り検査 操縦室でデジカメ

加害男性から今年も謝罪の手紙届く 神戸児童連続殺傷事件(産経新聞)
<中日本ボクシング協会>元幹部3800万円横領か(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ハッチの第5子はタッチです!(毎日新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
ホスト3人で同僚暴行、「勤務態度に不満」(読売新聞)

<地震>和歌山県で震度3=午後1時20分(毎日新聞)

 21日午後1時20分ごろ、和歌山県北部を震源とする地震があり、和歌山県で震度3を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は3.9と推定される。

 この地震による津波の心配はないという。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度3=和歌山県日高町、由良町、日高川町

【関連ニュース】
沖縄震度5弱:99年ぶり発生 境界深部の蛇紋岩が抑制か
地震:茨城県で震度3=午後7時27分
地震:千葉県で震度3=午前7時30分ごろ
地震:福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分
地震:宮城、福島、山形県で震度4=午後9時46分ごろ

吹き矢フッ!で健康に、愛好者じわり広がる(読売新聞)
<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持−高松高裁(時事通信)
奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)
<社債>トラブル相談相次ぐ 総額14億円解約などに応じず(毎日新聞)

「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判−横浜(時事通信)

 裁判員裁判や検察官の仕事への理解を深めてもらおうと、横浜地検は21日、高校生が検察官役を務める模擬裁判「検察官甲子園」を開催した。事前に同地検の検察官が指導した神奈川県内4校の17人が参加。学校関係者や家族ら約100人が詰め掛け、同日始まった選抜高校野球に勝るとも劣らぬ熱戦に拍手を送った。
 参加したのは、横浜雙葉(横浜市中区)、公文国際学園(同市戸塚区)、県立氷取沢(同市磯子区)、県立厚木(厚木市)の各高校の1、2年生。
 男が路上で女性を殴り現金などを奪ったとの強盗致傷事件の模擬裁判で、各校3〜6人が検察官となり、起訴状朗読から論告求刑までを行い、裁判官・裁判員役の司法関係者や教育委員会関係者らが審査した。
 被告は「人に会いに行く途中で、現金は自分のもの」と否認したが、被告人質問では「仕事を世話してもらう人に会いに行くのに、その人の本名も住所も知らないのは不自然」など、鋭い指摘が続出。被告役の検察官も思わず言葉に詰まるなど、実際の裁判を思わせる本格さだった。
 優勝は、的確な質問が評価された横浜雙葉。論告が際立った氷取沢2年の今井夏希さん(17)がMVPを受賞した。今井さんらは昨年11月から準備を進めたといい、「被告の証言で有罪を立証する点に工夫をした。私一人ではなく皆で一生懸命頑張った。やはり優勝したかった」と涙を見せた。
 同地検の井内顕策検事正は「若い世代に対する法教育の一環として実施したが、非常にレベルが高かった」と評価。地検広報によると、事前指導の上、裁判長や弁護人を現役検察官が演じる高校生の模擬裁判は例がないという。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま
同僚殺人、3人に懲役19〜10年=裁判員ら「間に休日を」
「薬物事件、趣旨に合わない」と裁判員=密売の男に実刑判決
「つくられた感じ」「分かりやすい」=取り調べDVD映像に裁判員

国際緊急援助隊救助チーム、最高レベルの評価を獲得(医療介護CBニュース)
社民、参院選で保坂元衆院議員らの擁立を決定(産経新聞)
警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)
狭い介護施設も検討 スプリンクラー補助で厚労相(産経新聞)
伊勢丹吉祥寺店 閉店…38年余の歴史に幕 東京(毎日新聞)

将来的に有事の核持ち込み容認も…岡田外相(読売新聞)

 岡田外相は17日午前の衆院外務委員会で、非核三原則に抵触する米軍の日本への核兵器持ち込みについて、「緊急事態が発生して、核持ち込み、一時的寄港を認めないと日本の安全が守れないという事態が発生したとすれば、その時に政権が命運をかけて決断し、国民に説明するということだ」と述べ、将来的には持ち込みを容認する事態もあり得るとの考えを示した。

 ただ、「鳩山内閣は非核三原則を堅持する」とも強調した。

 外相は日米の核持ち込みをめぐる「密約」調査結果発表後、米側は既に艦船などから戦術核を撤去しており、核持ち込みの事態は想定されないと説明していた。

 外相は「日本国民の安全が危機的状況になったとき、原理原則をあくまで守るのか、例外を作るのかはその時の政権が判断すべきことで、今、将来にわたって縛ることはできない」と指摘した。

死因究明制度で独自案策定−医法協が事業計画(医療介護CBニュース)
<国分寺死体遺棄>4〜5人の男が車で連れ去る 数人を聴取(毎日新聞)
小林千議員の進退、自身で判断することと首相(読売新聞)
スカイマーク機、指示高度守らず 入力を忘れる(産経新聞)
神戸ポートタワー 新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ(毎日新聞)

核持ち込みの事前協議「常に拒否」見直しへ(読売新聞)

 核搭載艦船の一時寄港などの「密約」を認める外務省の有識者委員会の報告書を踏まえ、日本政府は、核持ち込みに関する米国との事前協議があった場合、常に持ち込みは拒否するという政府見解を見直す方向で検討を始めた。

 持ち込みを認めるかどうかをあいまいにすることで核抑止力を高めるとともに、密約公表で日本側の対応が厳格になることを懸念する米側の不安を払拭(ふっしょく)する狙いがある。

 米国は核兵器の運用について、「肯定も否定もしない」という立場をとっている。1990年代初め以降、平時には通常艦船から核弾頭を撤去しているが、今後も有事の際には通常艦船に核兵器を積み込むとみられている。

 米側は、日本政府が核搭載艦船の一時寄港の「密約」を公表することで対応を厳格化し、将来の有事における艦船の運用が制約される事態になれば、必要な抑止力が確保できないという懸念を日本側に伝えていた。

 日本政府はこれまで、中曽根、安倍両内閣時代の政府答弁書などで、「米政府からの事前協議があれば、常に(核持ち込みを)拒否する」という見解を表明していた。しかし、米側の懸念を受け、持ち込みを自動的に拒否するような従来の見解を見直し、米国の「あいまい戦略」に足並みをそろえることにした。岡田外相は9日の記者会見で、事前協議があった場合に持ち込みを容認する可能性を問われ、「仮定の議論なのでお答えできない」と述べており、政府見解もこうした方向になる見通しだ。

 見解変更の背景には、米国が通常艦船から核弾頭を撤去していることを踏まえ、当面は事前協議になるような事態は生じないという判断もあるとみられる。

関西空港 出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
国宝展示問題、新潟市長が文化庁訪れ許可要請へ(読売新聞)
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視−外相(時事通信)

大阪城公園の陥没、排水管の破損が原因(読売新聞)

 大阪城公園(大阪市中央区)天守閣前広場の路面が陥没した事故で、公園を管理する大阪市は15日、地中に埋設された雨水排水管が破損して漏水し、地中の土砂が流れて空洞ができたのが原因と発表した。

 この日の掘削調査で、陥没部分近くの深さ約1メートルの地中にあった陶製の雨水排水管(内径23センチ)が長さ約0・7メートルにわたって割れているのを確認。破損部分を撤去し、ビニールパイプで応急措置した。排水管は1962年以前に埋設されたという。周辺には同様に古い排水管が埋設されているとみられ、市は今後、超音波などで広場の地中に空洞がないかを調べる。

「もう10年、まだ10年」=17歳息子失った父・日比谷線事故(時事通信)
愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)
<医療費回収不能>小樽市職員が自費で補てんへ(毎日新聞)
<雑記帳>映画「みつばちハッチ」の製作発表 今夏公開(毎日新聞)
<大雪>東北で80センチも 北日本は11日にかけ暴風雪(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
情報商材
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ブラック キャッシング OK
selected entries
archives
recent comment
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    カナ (08/29)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    リンデル (01/16)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    カドルト (01/10)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    オリンキー (01/02)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    タンやオ (12/28)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    こういち (12/27)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    リョータ (12/23)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
    れもんサワー (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM